本文へスキップ

建築業界で最も使われているフリーソフトのJw-CADをマスターしよう。

     

Jwwで透視図を描く


   

透視図の点と線 Jwwで透視図を描く


テニスコートに直径4mのボールが転がっています。
この状態を、もとに説明します。



センターネットの位置に大きな画面(PP)を置き4mのボールを映し出すと下の図の様になります。
人の立っている場所が立点、人の視点から、まっすぐに画面(PP)を見た点が心点(CP)、それを横水平に引いた線が水平線(HL)。
4mボールは地面にあるにもかかわらず、画面(PP)に映し出されたボールの投影点は地面線(GL)よりも少し浮いて映し出されている。
これは、視点からの角度によるもので、その高さと距離により変化する。



画面PP:Picture Plane 水平線HL:Horizontal Line 地面線GL:Ground Line
立点SP:Standing Point 心点CP:Central Point







          下部の次のページをクリックして行くと手順どうりになります。



               




ナビゲーション