本文へスキップ

建築業界で最も使われているフリーソフトのJw-CADをマスターしよう。

     

立面図を描く


   

立面図を描く

 住宅の平面図から立面図を描く

メニューバーにあるファイルから開くをクリック、JWWの木造平面例を選択する。



1階和室にある窓の位置は木造建築では認められていない位置なので移動させます。
※木造平面例は間違いを直す練習用なのでおかしい所は沢山あります。




DK、リビングルーム、和室、各部屋の柱の芯から芯の距離を測定します。



2階部分の間取りを考え、木造住宅の立面図を描きましょう。
軒の出は長い目の650oとします。FLとは床の高さとなります。

2階部分の間取りは自由に決めて下さい。この図も含めアレンジは∞です。



屋根の傾斜ですが、角度ではなく何故この描き方をするのか?
これは、昔の大工さんのやり方の名残で正方形の木の枡を並べ、2つ行って1つ下がる、3つ行って1つ下がる、という決め方だったそうで傾斜が急だと‘‘屋根屋殺し‘‘と言われたそうです。だから今でもこの書き方が‘‘粋‘‘なんだそうです。






          下部の次のページをクリックして行くと手順どうりになります。



               




ナビゲーション