本文へスキップ

建築業界で最も使われているフリーソフトのJw-CADをマスターしよう。

     

Jwwで透視図を描く


   

消失点(VP)の位置を決める Jwwで透視図を描く


一点透視図でいちばん大事な消失点。位置は任意で構わないが、目線の高さがイメージしやすい。
中心よりも少しずらして描くと左右の角度がちがって構図が良い。



消失点へ四隅から線を引く。線属性より一番細い実線を選ぶ。



編集ツールバーより分割コマンドを選び、等距離分割で、分割数は10とする。
分割したい線の両端を右クリック、真ん中あたりをクリックすることで分割は完了する。



奥の壁を描く。
分割した真ん中(5つめ)から線を引く、水平、垂直にチェックを入れ四隅とも描いていく。


例えば、
奥壁面に重点を置く場合は、奥壁面6:側壁面4
側壁面に重点を置く場合は、奥壁面4:側壁面6と優先する方を大きくするとよい。
今回は、奥壁面5:側壁面5とする。
いずれも、‘‘実在する距離感‘‘なのでおかしく見えることはない。





          下部の次のページをクリックして行くと手順どうりになります。



               




ナビゲーション